しおみのあれそれ

よく来たね。俺だよ俺。

死ぬこと

 頑張って生きようという気持ちと、何もかも投げ出して死にたい気持ちがせめぎあっている。

 どちらも本当の思い。後数年耐えて耐えて幸せになれる可能性に賭けるか、すぐに楽になるか。救われたい。


 何で人は生きるのか。きっと大半の人はそんなこといちいち考えずに、生物としての本能のまま食事をし、寝て起きて、人間として目の前の課題をこなしたり夢を見たりしながら生きているのだろう。

  何で生きるのかなんて分からない。他殺は罪に問われるが、自殺は罪に問われない。死後の世界なんてないと思っているから、それで終わりだ。無。


 何で生きるのか、何で死なないのかなんて考える自分の精神状況は、あまりよろしくないと思う。でも自分は小さい頃からずっと、漠然と死にたいと思っていた。 


 小さい頃の死にたさは、死への興味だった。幼稚園の頃に親に死にたいと言ったことがあり、親に酷く叱られた。当然かも知れない。

 その頃から小学生ぐらいまで、死ぬ夢を見ることがたまにあった。水の中に沈んでいったり、高い所から飛び降りる夢だった。夢の中の感覚なので実際はどうか分からないが、いつも死ぬ瞬間はとても気持ちの良いものだった。フッと魂が抜け、力が入らなくなる。開放感があった。

 死ぬ夢は、中学生の頃から見なくなった。その頃から、ただの興味ではなく生きるのをやめたいという死にたさに変わったからだと思う。


 中学に上がってから、色々なことがうまく行かなくなった。学校に馴染めないこと、親の不安定さ、第二次性徴等...本当に死にたくなった。

 男女の性器が異なる意味を知った時の死にたさ。好きな女の子と恋愛をすることが出来ない。男性としてセックスをすることが出来ないということを知った時の死にたさは酷かった。FTMでも彼女がいる人もいるし、セックスで挿入が出来る場合もあるが、そんなこと知らなかったし、今もこの考えはあまり変わっていない。セックスが出来ないというのはとても大きかった。性欲とかそういう興味以前に、アイデンティティに大きな穴が空いた気持ちだった。


親はその頃とても不安定だった。小さい頃から母が急に暴れ出すことがあり、それが怖かったが、「今のはお母さんじゃないんだ、悪魔の心が入って来てたんだ。ごめんね」と泣きながら謝られたこともある。小さい頃は本当にそうだと信じていた。本当のお母さんは優しいんだ。あの時のお母さんは悪魔に心を乗っ取られているんだ...


 今思うと母に何らかの精神疾患があるのは確かだと思うが、自分の知っている中では精神科などには一切通っていない。そんな母親。


 自分が中学生になる頃には、母親は常に不安定だった。一緒に死んでくれと何度も頼まれたし、首を絞められかけたり、10階近い高さのマンションから落とされそうになり必死で抵抗したら、今度は母親が飛び降りようとしてそれを止めたり、包丁を持って追いかけられたり。

 寝ている間に殺してやる。ネットで方法は調べたとも言われた。当時住んでいた所は自分の部屋がなく、母親と同じ部屋で寝ていた。眠ることは恐怖だったし、寝ても毎晩夢の中で親に殺されそうになった。助けを求めても誰も助けてくれない。夢と現実の区別も曖昧だった。

 そもそも学校嫌いだったしまともに寝られないので、学校に毎日遅刻するようになった。教師には遅刻魔と言われ、何度も怒られた。仲の良い友達なんていなかったが、同級生に親から殺されそうなんだと話したことがあった。虚言だと思われ、聞いてもらえなかった。誰も助けてくれないんだ。自分が死んだらみんな喜んでくれるんだ...親が首を締めようと使ってきた紐を、通学鞄に入れていた。死ぬ時に使えるように。



メンタルが最高に落ちてきたので、今日の話はここまで★

 とにかく、自分はずーーっと死にたいんだ。そろそろ救われてもいい頃だと思うんだ。

ジェンダー、性、生。

 最近色々な意味で自暴自棄になりかけているので、不安ではあるが勢いに任せて書きたいことを書くよ。

 幼稚園の頃から、自分、いや僕は「おとこおんな」、もう少し大きくなって言葉を知ると「おなべ」だと自認し続けている。そして今は「GID-FTM」になる為に生きている。好んでこの診断名を望んでいるわけではなく、この診断を貰わないと正規ルートでのトランス、(性転換とか性別移行とか呼ばれるもの)が出来ないから診断して欲しいだけだが。

 まあ簡単に言うと性同一性障害とかトランスジェンダーとかそういうものである。身体的には恐らく普通の女性で、悩ましいことだが女子高生だ。

 女子高生と言っても月一度だけ私服で登校し、誰とも話さず帰って来るだけなので、女子高生らしい生活も、高校生らしい生活も送っていない。

 高校1年の時は施設を出て新しく住み始めた家の近くの進学校に通っていて、ブレザーにスカート、リボンは嫌だったのでネクタイという格好で毎日学校に登校していた。
 東京とはいえ田舎で地元の中学からそのまま進学してきている人が殆ど、しかもSNSの時代で入学式前からツイッターやラインである程度つながりがあったそうだ。怖い怖い。
 そんな中に放り込まれ、馴染めなかった。自分に自信はないし女である自分の顔も声も全てがコンプレックス、更に施設で10キロも太ってしまい、人に話しかけることができなかった。俺を許してよ。

 施設にいた2年間の流行が分からない。カゲプロがアニメ化したことも知らなかったし、笑っていいとも!が終了したことも知らなかった。周りの普通の高校生がどんなアニメを見たり、どんな曲を聴いているのかも分からない。会話についていけない。そもそも話しかけられないのだけど。

 トイレに行けない。女子トイレに入るのは元から抵抗があるが、スカートを履いた人間が男子トイレに入る訳にもいかないので女子トイレを利用していた。短髪とはいえ女子制服を着ているのに、トイレで会った女子に男子が入ってきたと思われキャーと叫ばれた。自分の見た目が男に見えるとは全く思えないのだが、僕がトイレを利用することで女子を不快にさせたり、怖がらせてしまったのではないか。元から罪悪感があったし、それからトイレが使えなくなった。
 トイレを使わないために、朝食は食べない、昼食も食べない、緊急の時以外は絶対に使用しないと決めた。汚い話だが尿を我慢するのは割と慣れているので、いけると思った。そんな生活を半年ぐらい続けていたら、血尿が出るようになってしまった。びびった。
 
 そんな生活で、僕は高校をサボりがちになった。朝は制服を着てエア登校。近くのコンビニのトイレで私服に着替え、コーヒーチェーンで昼まで何もせず時間を潰す。帰りには制服に着替え何事もなかったかのように家に帰るような日が多かった。
 当然、勉強について行けなくなった。教師に相談しても「友達に聞きなさい」と。友達がいないどころか近くの席の人に明日の持ち物を聞くことすら出来ないのに。
 は?教えるのが教師だろ。僕自身勉強する気もなかったけど。
 始業前、休み時間、昼食の時間、いつも机に突っ伏してiPodで音楽を聴いていた。このままでは進級が出来ないと言われていた。
 
 この頃、性同一性障害を専門に診断、治療する心療内科、いわゆるジェンダークリニックに通い始めた。何かが良い方向に変わるんじゃないかと思った。僕の行った病院は診断が降りるのに一年程度かかるという。費用も馬鹿にならない。しかも、未成年の場合親の同意が必要だと言う。詰んだ。半年ほど通って、診断が降りる前に通院をやめた。

 親の話は今書きたくないので省く。

 色々あったが結局高校はやめることになり、かわりに通信の高校に転学した。それから一年経ち、高校3年生になれたらしい。良かった。

 しかし、今決断を迫られていて、高校を続けられるか分からない。人生ハード過ぎかよ。
 今の世の中で、高校は卒業しないとどうにもならないのではないか。中卒で生きている人だっているけれど、ただでさえ屑な僕がそんなんで生きられるはずがない。そもそも、僕みたいな人間がまともに生きていこうなんて考えるべきではないのかも知れない。

 中1の時に死のうとしていた話はここでは書かないが、その時死ぬべきだったと思ってしまう。死んでいたはずだった。

 こんな僕を応援してくれる方、死なないでと言ってくれる方。本当に感謝しています。
 生きないとな....


 「僕」や「俺」といった男性の一人称を使っていじめられた経験がある。アニメの美少女でもないのに女と認識される人間が男の一人称を使うのは痛い。一人称なんて個人の自由だと思うが、自分の一人称は「自分」だ。これまでの文章で敢えて「僕」にしてみたが、違和感だなあ...

お金がほしい

 数日前、単発バイトの派遣会社に登録しようと思い応募したんですが、面接書類の用意が面倒くさくなってきてしまいキャンセルの連絡をしました。凄く後悔。

 「やらずに後悔するよりまし」というセリフがよくあるけど、自分はやって後悔する方が多い気がする。

 今年度はもう高校に登校しないで良いっぽいから、この期間で何かやらないとなあ...

 

 買って1年程になるLenovoの激安パソコンが壊れてきている。 画面が突然紫色になったり、起動に20分かかったり、ディスクを挿入する部分が出てこなくなったりしている。全然使っていないのに何故なんだ...

 更に、iPhoneまで調子が悪い。充電を始めると少し振動するのだが、接続が悪いのでずっっとブルブルしている。

 去年も同じ症状で修理に出しているし、そろそろ買い換えたい。

  あとデレステでライブ中に画面が固まったりアプリが落ちるのをやめて欲しい。

 

 ツイートより長い文を書くのが久しぶり過ぎて全然書けない。勉強しないと十代でも脳は劣化するようです。怖い怖い。

 

書いてみる

 少し前にツイッターでブログブームが来ていたので、遅れて乗っかってみた。(ブームという程ではないか...)

 思った事は殆どツイートにしてしまうので特にブログで書きたいこともないですが、書くことが思い付いたら書こうと思います。

 

 はてなブログって検索機能ないの?